日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミケランジェリ 1988年

1988年10月17日、ボルドーでのリサイタル中に心臓発作に倒れたミケランジェリ。

7時間に及ぶ心臓のバイパス手術を受け、奇跡的に生還した。

復帰後、自分は生まれ変わった、とこの日を新しい誕生日とした。



6.jpg

グラモフォンからモーツァルトの協奏曲が出た。ブレーメンとハンブルクでのライブ録音。



4.jpg

ハンブルクでのコンサート。指揮、コードガーベン 北ドイツ放送交響楽団
モーツァルトピアノ協奏曲13番、15番。




5.jpg

こちらはブレーメン。指揮は同じく コードガーベン 北ドイツ放送交響楽団
モーツァルトピアノ協奏曲20番、25番。


復帰後のコンサート。

20番のピアノの出だしなどは、あまりに響きがきれい過ぎて、曲が進んでゆくのが勿体ない位だった。

かれのCDを聴く時はいつもそうだが、曲を聴く事よりも、彼の演奏を聴く方に集中してしまう。

ライブ録音にしては、とてもいい音で録られていて、最後までミケランジェリ節が堪能できる演奏だった。

後日、このコンサートで指揮をしたガーベンによると、

実はコンサートと同じ曲をスタジオで録っていて、(その録音は、キズの無い本当に完璧な、演奏だった)

誰もが、ミケランジェリはスタジオ録りの方の発売を許可するもの、と思っていた。

ところが、彼は、コンサートの方が音楽的に面白い、とライブ録音を選んだという。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/99-fc5760f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。