日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミケランジェリ ドビュッシー前奏曲1巻

イタリア生れのピアニスト、ベネデッティ=ミケランジェリのレコードは海賊版を除くと数少ない。

それだけに残されたディスクは、どれも完成度が非常に高い。

ドビュッシーについては、イエローレーベルに71年、78年、88年と3回の録音が残っており、いずれも恐ろしくレベルの高い演奏となっている。

前奏曲第1巻は、1978年にハンブルク ムジークハレで録音された。
当初、演奏者の正面からの顔写真がジャケットに写っていたが、本人からの要請で、発売後すぐにお蔵入りになってしまった。
代わりに、顔の左側から撮った写真が新しいジャケットとなった。

今、CD等で簡単に手に入るのは、この左側からのアングルで撮ったジャケットである。


ミケランジェリ2
ドビュッシー前奏曲第1巻 CDジャケット  1978年6月27日、28日 ハンブルク




ミケランジェリ 前奏曲
ドビュッシー前奏曲第1巻  一旦発売され、すぐに取り止めとなった当初のジャケット。
このジャケットのCDは見たことがない。


昨年、同曲集のDVDが、突然発売された。
海外のオークションなどで、以前からこの映像の存在は聞いたことがあったが、
この度、EMI classicsから正規盤として発売された。
このDVDの解説では、「1978年10月22日、29日 パリ」となっている。
しかし、当時、ミケランジェリのレコーディングチームのプロデューサーだったC.ガーベンの記述によると、ハンブルク ムジークハレにおいて、テレビ「録画が終了してからレコード録音が続くことになった。」とある。
さらに、この記述の中で、当日のピアニストの服装にも言及しており、映像を見るとその記述どおりの服を着て演奏している事から、おそらく1978年6月27日、28日前後に同じ「ハンブルク ムジークハレ」において録画されたものではないか、と思われる。

いずれにしても、DVDの登場によって、彼のドビュッシーの全貌が明らかになったのは、とても喜ばしいことだ。


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/37-0e6c949c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。