日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドイツ人と照明

日本にも進出してきた IKEA 。

なんといっても、IKEA の面白いところは、入口から出口までが一方通行になっていて、それぞれの家具や調度品に合わせて、リビング、キッチン、子供部屋など、住居の様子が再現されている事。

ここは歩くだけで楽しい。

疲れたら食堂もあるので、日長一日遊べる。

値段も安いのでいう事なしだが、家具などは、バラバラになったパーツを自分で組み立てるのが基本。

日曜大工が好きなドイツ人にとっては朝飯前らしいが、日本人には、まず面倒!が先にたってしまうのでは?

でも、いざ組み立ててみると、少しずつ容になってゆく様子は楽しいし、大きい物ほど完成した時の喜びはデカイ。

その後に飲むビールはさらに美味い!

そんなこんなで、引越時には、ダンボールを敷いて寝ていたアパートも同居3人組が力を合わせて、やっと人間様が住める部屋になった。


その IKEA で照明器具を選んでいたときの事。

「これスゴイいいねぇ!」

とドイツ人の友人の足が、その照明の前で止まった。

それを見た我々は

「えっ…?、?」

と無言。

いったいどこが良いのかさっぱり解らない。


P1220215.jpg
友人が選んだ床上型照明。(ちなみにTV以外全てIKEAで購入)


彼に言わせると「とても斬新でカッコいい」らしい。

さらに、我々を驚かせたのが、リビング照明として彼が見つけたコレ。

P1220214.jpg
リビング照明の決定版!


さっきの照明ランプとは比べ物にならない程の惚れ込みよう。

もちろんこの照明も組立て式で、買った張本人は、

「ウワー、思ったより面倒だ」

と喜びの悲鳴をあげながらこの菊の花びらみたいなモノを、一つずつ楽しそうに差し込んでいた。


P1220213.jpg

そして、やがて完成。

ドイツの部屋は広いとはいえ、天井から釣り下がる超モダンなこの照明の存在感、正直、ジャマ。

さらに夜になって電気を付けると、この花びらみたいな束の影が部屋中に散らばって、落ち着かない事この上ない。

P1230729.jpg
目がチカチカ状態。


照明だけでなく、形や色などに対するセンスは同じ国でも一人ひとり違うし、そこに個性もあるだろうが、ドイツ人と日本人、と国別に分けた場合、そこには基本的な違いがあるように思う。

バスの座席の柄や、小学生が背負っている紫色のバック、はたまた手土産用のワインの包み方まで、日本人から見ると「えーっ!?」と思ってしまうセンスに沢山出会う。

逆のパターンはどうなんだろう?

ドイツ人にも、日本人のこの感覚がダサい、と感じるところがあるのだろうか?



でもこの照明たち、一緒に暮らしていると愛着が沸いてくるのもまた人情。

持ち主がいない時など、たま~に、勝手に点灯させて楽しんだりするようになった。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/203-d03eddda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。