日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブレンデル ミュンヘン大学

惜しくも2008年に引退した、アルフレッド ブレンデル。

ミュンヘンの「演劇、音楽専門学校」にて2010年の12月から3回シリーズで音楽に関する講演会が行われ、幸運にもその3回目(2011年2月3日)のチケットが手に入った。


P1220571.jpg
15ユーロで、会場内は自由席。1時間前に並んだので、前から5人目だった。20分前になると、この通り後ろに長い行列が。

2階バルコニー席の一番前に座った。


P1220573.jpg
ミュンヘン音楽大学の大ホール。

先日はここで、ゲルハルト オピッツ教授の生徒によるコンサートも行われ、オピッツ氏本人も姿を現した。

P1220572.jpg
資料を映し出すパネル。

この後ブレンデルが登場。

彼ももう80歳。足どりもゆっくりと舞台の袖から現れ、講演が始まった。
音楽の様々な、標語や解釈を例を挙げながら語ってゆくのだが、合間合間に弾く、様々な曲のさわりの部分の演奏は、やはり音色といい、バランスといい、「あ~、最後までまで聴きたい」と思わせるものばかりだった。
トリルの話の部分では、ベートーヴェンの32番ソナタの2楽章取り上げ、圧巻だった。
まだまだ、現役で弾けるのではないか、と思わせるのに十分だった。

あっという間に2時間が経ち、終わってしまった。
最期に何か弾いてくれるのではないか?という甘い期待も外れ、盛大な拍手の中、何度もカーテンコールに堪えて、楽屋の向こうに行ってしまった。

再び彼の姿を見ることは、もう無いのかもしれないが、本当にいい講演会だった。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/176-e9641a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。