日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラドゥ・ルプー

2010年10月17日、武蔵野市民文化化会館。

この日のコンサートは今まで聴いたリサイタルの中でも、おそらく最も感慨深い音楽の夕べになるであろう、と半年前にチケットを入手した時から楽しみにしていた。

P1210558.jpg


あのラドゥ・ルプーが来日するのである。
ピアノの音に関して、信じられない世界を再現してくれる、現存する最後のピアニストと言っても過言ではない。

朝8時半頃、突然電話が鳴った。ちょっと早口で緊張気味の若い男性の声だった。
こちらは寝起きだったのだが、

「本日、ラドゥ・ルプーのコンサートをご購入された○○様ですか?」

で始まった彼の話を最後まで聞き終らないうちに、(あー、もしかして…) と頭の中を嫌な予感が駆け巡った。

「本人の体調不良により、今日のコンサートはキャンセルとなりました。11月30日までの間、払い戻しを受付けます」

と、非情にも中止の連絡だった。

「延期はないのですか?」

と、希をかけて訊いたものの

「緊急帰国の準備に入っております」

とあっけなかった。

P1210560.jpg


今回の日本ツアーは、一昨日(2010年10月15日)の京都公演から始まっている筈で、今日の東京武蔵野のあと、名古屋、札幌、そして再び東京と巡るはずだった。今日以降の予定は全てキャンセルとなったようだ。

京都のリサイタルでは、すでに体調が芳しくなく、直前まで催行するかどうか迷っていたそうだ。
楽屋には医師が待機していた、と聞く。

聴けなかったのは残念だけれども、やはり一日も早く回復して欲しい。

P1210559.jpg


1992年のミケランジェリの来日も狂喜乱舞したものだが、あの時もキャンセルとなり、翌年に彼は亡くなり、永遠に聴けなくなってしまったのである。

世界レベルのコンサートのキャンセルは、2回目となってしまった。

ルプーに万一の事があったら、心から聴きたいピアニストは居なくなってしまう。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/162-df6c5c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。