日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白ソーセージ と レストラン


ドイツのお土産で買ってきたヴァイスヴルスト=白ソーセージ。


P1210092.jpg

肉類等は、そのままだと日本に持ち込めないので、缶詰になっているものを選んだ。

というより、ヴァイスヴルストをお土産にするのは諦めていたので、見つけた時には嬉しかった。

P1210091.jpg

中々のサイズで、満足度高し。

P1210094.jpg

4本入りの缶が3缶と、専用の甘い味の芥子がセットになって10ユーロ。
ドイツでもそんなに安い物でもない。

ヴァイスヴルストは、ミュンヘンの名物で、他の都市、特に北に行けば行くほどお目にかかれない。
一般的なソーセージのイメージで口に入れると、???が広がるだろう。
少し固いはんぺんに、お肉や香草が練りこんである、という感覚だろうか。
日持ちしないソーセージの為、ドイツでは基本的に午前中で売り切れとなるレストランが多い。

ただし、観光客が来る大きなところはその限りではない。

ミュンヘンのマリエンプラッツの南側に位置するレストラン「ツム シュペックマイヤー」では夜でも注文可能。
ここのヴァイスヴルストは旨い! 

P1040073.jpg
見た目は上の缶詰と同じだが、やっぱりコチラの方が旨い!

1本 2,4ユーロ となかなかの値段。

ツム シュペックマイヤー
http://www.spoeckmeier.com/index.php?navanchor=2110000

他にも、パスタ、サラダを頼んだが全部外れがなく、旨かった。


P1040072.jpg
炒めた茸のサラダ
ドイツ料理はサラダといえどもこのようにデカイ。


P1040074.jpg
バンドヌーデルンと呼ばれるきし麺のようなパスタ。緑色なのはほうれん草が練りこんであるため。
かかっているソースは、これまた炒めた茸をクリームソースで和えたもの。
クリームシチューのルーのような味。ドイツ料理でクリームソースと言えばほぼこれ。


P1040068.jpg
定番のブレッツェル。
テーブルの上においてあって、後で、食べた分を自己申告する。


ドイツから帰って、こうしてドイツの懐かしい味を再現できるのは嬉しい。

ただ、缶ビールを持って帰ってきた時もそうだったが、明らかにドイツで食べたり、飲んだりする時と味が違う。

外国にいる時の、旅に出ている興奮が美味しく感じさせるのもあるだろう。
それと、一番大きい原因は、やっぱり気候のせいだと思う。
ドイツビールはドイツで飲んでこそ、一番旨いのかも知れない。

日本にも、全然種類は少ないが、各地方の地ビールや、アサヒ、キリン、サッポロという大手のメーカーから美味しいビールが沢山出ているし、わざわざ高いお金を払ってドイツビールを頼んで、首をかしげなくても良いのかも知れない。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/161-54be0445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。