日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


④ ミュンヘンへ

ドイツ旅行記      

翌日、目を覚まし、熱いシャワーを浴びる。

窓横の白い布ベルトを手繰り、雨戸を開けると眩い朝の陽がとびこんできた。

P1030846.jpg

支度をすませ、朝食を摂りに階下へ。場所は昨日のレストラン。

他にも泊り客が数組いて、

「グーテンモルゲン」「グリュースゴット」

とお互いに挨拶を交わす。

これをすると、あ~ドイツにいるんだ、と気分がよくなる。

この国では、列車での相席や、エレベーターの中、どんなところでも目が合うとすぐに挨拶する。


P1030850.jpg
朝食は、ゼンメルと呼ばれる丸型の小さなパンが食卓に並び、席に着くと

「珈琲、紅茶、どちらにします?」

と聞いてくる。

前方にジャム、バター、ハム、チーズなどがブッフェ式に並び、好きなだけ取っていってよい。

手づくりジャムがとてもいい感じの陶器の壺に入り、桃ジャムをヨーグルトに入れると、なんともいえぬ美味さだった。

ゼンメルを三つ食べるとさすがに朝から腹一杯となった。

チェックアウトを済ませ、荷物を預かってもらい、散策へ。


P1030894.jpg
城壁に囲まれたヴァッサーブルク。城門は旧市街への入り口。


P1030885.jpg
教会の内部。


P1030821.jpg
いい感じにからんだ蔦の前にスクーター。

スクーターを見ると何故かイタリアを思い出す。



P1030933.jpg
幾度となく洪水を起こしたイン川。

P1030926.jpg
歴代、洪水時の水位を示したプレート。一番上にあるプレートは1666年。


P1030897.jpg
犬のトイレ…散歩中のビニール袋が。

ドイツ人は犬が大好き。

もし犬が迷子になったら、人間の子供が居なくなったのと同じ位の勢いで、みんなで協力して探す。

フントシュトイヤー(Hundsteuer)と言って、犬を飼っている人は「犬税」を払わなければならない。


旧市街からイン川を渡ったところにある丘の上の展望台へ向う。

ところで、ドイツとは思えぬ暑さで、ほんの15分くらいの道のりなのに、びっしょり汗をかく。

P1030901.jpg
途中、クリストフが出迎え。これは日本でいう「道祖神」のようなものか。

村の境界に建てられることが多く、故郷を離れる旅人はここで別れを惜しみ、

他国から帰ってくる者は、ここで初めて故郷に帰ってきたと実感する。



P1030905.jpg
展望台にて。緑に覆われているけれどここからの眺めはなかなかのもの。


P1030916.jpg
ベンチに腰掛けて、しばし休息。



P1030929.jpg
旧市街に戻り、カフェタイム。少し前話題になった「ビオナーデ」を飲んでみた…。

健康的な、炭酸飲料といった感じ。

ところでここのカフェ、店内が奥深く、家具やソファなど凝ったものが置いてあり夜来たらとてもオシャレな雰囲気に違いない。

ホテルから預かってもらった荷物を受け取り、たった一泊のヴァッサーブルクを後にした。

[広告] VPS

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/158-8566d16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。