日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まつや

以前から一度行きたかった神田の蕎麦屋。

P1200823.jpg


池波正太郎も通っていたという老舗「まつや」。
ある暑い土曜日、御茶ノ水から坂を降りてやってきました。

開店5分前に到着。10人ほどの行列の後ろにつきます。
やがて、お姉さんが暖簾を持って引き戸を開け、皆ぞろぞろと中に入りました。

ここは相席が基本。
これまた年季が入っていそうな、お姐さんが注文をとりにきました。
「かき揚丼下さい」
周りはみなさん、お蕎麦を注文。
みたところ、丼を頼んだのは自分一人。

ここのかき揚丼は、通常のかき揚天ぷらと違い、
小ぶりの海老天の下に、イカ天が隠れているという、ほとんど「海老天丼」といってもいい位、
海老天丼に近い「かき揚丼」なのです。

海老天丼はちゃんとメニューとしてあって、海老の大きさが全然違いますし、
海老の種類も変えている筈です。が、
値段が、かき揚丼1,000円に対して、海老天丼は1900円、とほぼ倍になるのです。

やがて、回りのもり蕎麦がどんどん供される中、しばらくしてかき揚丼が運ばれてきました。
お盆の上に、丼、お澄まし、漬物、お茶、と素晴しいバランスで並んでいます。

しかも、小ぶりながらも海老天が4本も載っているではありませんか!

チェーン店の○屋より油っぽくなく、サクサク感の残るタレの染み具合も絶妙で
最後まで美味しく頂きました。
以前、浅草の老舗で頂いた、天丼よりコチラの方が美味しいと感じたくらいです。

前に座ったお客さんは、天もりの大盛2,000円を頼んでいました。天ぷらは海老2本出てきましたが、
やはり大きな海老でした。

さて、「かき揚丼」を食べ終わって、一息ついたところで
「もり一枚ください」
と追加。

やはり蕎麦屋なので、〆の一枚は必要です。
こういう、お客さんも結構いるのか、お姐さんも「あいよ」と自然に答えてくれました。

やがて長方形のざるに盛られた「もり蕎麦」600円が到着。
本当に手打ちなのか、と思う位キレイに整ったお蕎麦です。
早速頂きますが、

うまい!うますぎる! 

十万石饅頭のCMばりに美味しい蕎麦です。
そばは二八だそうですが、これは自分の好みに一番あっているかも知れません。

以前、中野で評判のお蕎麦を食べに行きましたが、ヌメリが多く残っていた事もあったのと、
ボソボソ感満載で、かなりガッカリした事があり、それ以来評判の蕎麦やなんてそんなものか、
と思っていたので、今回はかなりヒットでした。

100年続く老舗蕎麦屋で、天丼とお蕎麦で1600円とは、かなり安いのではないでしょうか。
また機会があれば、ぜひ訪れたい蕎麦屋さんです。

(店内の様子、料理の写真を撮りたかったけれど、相席であまりカメラを取り出せる感じでなかったので、
お店の入り口の写真のみです。)

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/153-b66022eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。