日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


給水塔 2

給水塔…

P1200688.jpg


それは、水の出が悪くなる集合住宅の上階や、標高の高い地域に満遍なく水を給する為の設備。

高圧給水がまだなかった頃は、団地やマンションなどに必ずあるものだった。

給水塔があるかないかで、そのマンションが古いか新しいかの目安にもなるだろう。


この給水塔というヤツは、ガキの頃からとても気になる物体だった。

1クーゲルのバニラアイスのような中層階のマンションの屋上に載っかっているクリーム色の丸いタイプは何とも思わないが、ちょっと古い団地の敷地内なんかにある、聳え立つ塔タイプはとても存在感がある。

遠いところから見えて、何だあれは?と近づいて行くに連れ、だんだんとその威容が迫り、真下から見上げるそれは、恐ろしいけれど、眺めずにはいられない。

P1200684.jpg

P1200685.jpg

この目でよく確かめないと、不気味なまま印象残ってしまうものだから、正体を暴く事で、自分の中の恐怖心を取り除いて安心するのだろう。さもないと、夜布団の中で眠れない。


P1200686.jpg

P1200689.jpg

こうやって細部を観察すると、人が出入りする為のドアや、ポンプレバー、水導管など「ああ、水を給水する為の設備なのか」と納得して初めて恐怖心が取り除かれる。


P1200687.jpg

それにしてもこの給水塔は、良い形だ。

妙にほっそりした徳利のような、はたまた、くびれのあるすらっとした長身の女性か。

この住宅地は、近いうちに立て替えが予定されている。もう人のいない棟もかなりある。

立て替えと共に、この給水塔もなくなってしまうに違いない。

P1200702.jpg


給水塔はコチラ


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/146-e071b81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。