日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


買い物

日本ほど、買い物に不自由しない国はないんじゃないか?
24時間のコンビニが登場してもう数十年。
西友などのスーパーや、地方にいけば郊外の大型店舗などで24時間のお店は今や多い。

ミュンヘンにいた頃は、もちろんコンビニなどはないし、24時間やっているお店と言えば、大きな駅の売店か、ガソリンスタンドと併設するキオスク位だったと思う。
さらに週末は、土曜日が基本午前中まで、日曜日はほぼ閉店というのが当たり前だった。
キリスト教の国では日曜日は安息日、という伝統に加えて閉店法という法律の為らしい。
(2006年にこの法律は大きく変り24時間が許可された。ただドイツは地方分権なので、導入するかどうかは各州に委ねられている)

連休の前なんかは、買い物を済ませておかないと冷蔵庫が空で餓死、なんてことも、何も知らない外国人にとってはあながち冗談ではないのかも知れない。

これを不便と感じるか、そうでもないと思うかは、この国が気に入るか否かの大きな要因の一つだろう。
自分は後者だったので別に日曜休みでもいいじゃん、て感じだったのだが。
実際、ドイツにはコンビニがないからもう生きてゆけない、と帰国してしまった日本人もいた。

むしろ、この国での買い物と、日本での買い物の大きな差は別のところにあると思った。

ミュンヘンの中心地、仕掛け時計のある市庁舎に面した広場、マリエンプラッツの脇に建つ「ルートヴィッヒヴェック」というデパートの上階に、この辺りでは中々の品揃えのCDショップが入っている。
クラシックとジャズが専門のお店で何度となく通っていた。
初めてここを訪れた時、とても驚いた事があった。

CDを手にしたお客が店員を捕まえ、何か言うと、店員はお客の手にしているCDを掴み、セロファン(新品のCDに巻いてある薄いビニール)を破ってお客に渡していた。
そのお客は、お店の一角に設けられたソファーが並べられているコーナーに腰を下ろし、目の前のCDプレーヤーに手にしたCDをセット、ぶら下がっているヘッドホンで試聴し始めたのだった。

それでもまだ、試聴用のサンプルCDがあるのか?くらいに思っていたのだが、自分も聴いてみたいCDを探し出し、同じように店員を捕まえ
「これを聴きたいんだけど?」
とやってみたら、見事に
「ええ、どうぞ」
と、さも当然のようにセロファンを破って渡してくれた。

スゲー!新品屋なのにここは買う前に聴かせてくれるんだ!と感激してしまった。
もちろん、時間制限なんかないし、気に入らなければ元の所に戻せばよい。
ちょっと、日出ずる国では考えられない事だった。


もう一つ。
これは楽器屋さんで電子ピアノを買おうと選んでいるときの事だ。
電子ピアノといえども、結構な値段がするから、買うときは試弾が欠かせない。
ビックカメラの量販店などで電子ピアノコーナーがあって、各メーカーのピアノがおいてあり、ポロンポロンとよく音を鳴らしているのを見かける。
自分にあった楽器を探すのは当然の事だし、お店の人も触らないで下さい、とは言わない。
でも、良く見ると譜面台の辺りに「楽譜をおいて長時間弾くのはやめて下さい」と注意書きがある。
え、こんなところで楽譜おいて弾く人なんかいないでしょう?、と思っちゃうがお店からしたら迷惑な話だ、となる。

ところが、ミュンヘンではみんな、これは試弾なのか?という勢いで弾いている。
それに、なんと各電子ピアノに試弾用のヘッドホンが付いているではないか。
店内には音楽などかかっていない。選ぶ楽器の音の邪魔をしないような配慮が行き届いている。

そう、ジャパニーズ量販店では、お経のお題目のように天井からその店のテーマ曲が延々と繰り返され、
隣では店員さんがこれ見よがしにボリュームを目一杯ひねって
「こんなにいい音なんですよ!」
と叫びながらガンガン弾いている中で、負けじと自分の音に集中しなくてはならない。

日本では、商品は絶対に新品じゃないとならない。
当たり前の事だが、ここでいう新品とは他人が手にとって吟味してしまったものは、もはや商品としての価値がなくなってしまう、ということだ。
この国では、野菜や果物にしても大きさが違うだけで分けられ、ランク別に値段が付く。
いかに外見をピカピカに保ち、美しく並べておくか、そういうところにお客は集まってくる。

ところが外国では、少なくともドイツでは、自分が買うものがどんなモノなのか、どんな仕組みなのか納得した上でないとお買い上げ頂けない、という事だ。

もちろんわたくしも、この楽器屋さんに通い詰め、楽譜を持ち込み、ヘッドホンを装着し、充分試弾をして買ったのは言うまでもない。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/142-6eeaaa77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。