日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GUAM 滞 在

ゴミ収集の激しさのせいで、さすがに朝になってもなかなか起きられなかった。

それでも、奥さんがレンタカーを借りに行っている間、ゴソゴソ起き出して、カーテンを開けると、目に飛びこんで来た景色に釘付け!

こんなきれいな朝の景色を目の当りにすると寝ているのが勿体ない。

P1160636.jpg


支度を済ませロビーで合流。

P1160406.jpg


奥さんの運転するレンタカーでプレミアムアウトレットへ。

P1160410.jpg
いかにもアメ車

中にある「ROSS」という大きなお店をのぞく。

洋服がメインのお店で、サイズもデカイ。

結局、なぜか、フランスのシャトーが描かれた鍋敷きを購入。

15ドルが3ドル位になっていた。

まぁ、定価で買う人がいるのか?というのが正直なところ。

コーヒーで眠気を覚まし、さらに南下。

舗装された道路が、古びた感じになってくると「ウマタック」という集落に。

P1160418.jpg

P1160427.jpg


半円を描いた入江の集落で砂浜が続いている。

あらためて海の色がきれいだ。

雨の日も風の日も、そして今日のような澄み渡る高い空の日も、静かな時を刻んでいる、といった様子。

P1160421.jpg


2~3匹の野良犬が、全くこちらには興味がない、という風にのっそりと歩いていた。

浜辺のすぐ横には小学校が建ち、校庭の前にアメリカの映画に出てきそうな、黄色のスクールバスが停まっていた。

この入江を囲みこむかのように、三方に小高い山が三方に迫っている。

その小山の一つ、海に崖が突き出した「ソレタットの砦」という展望台へ車を登らせた。

ここは砲台が設えられた要塞の遺構が残っている。

P1160439.jpg

P1160446.jpg

P1160449.jpg

P1160448.jpg

目の前に広がる大海原は、もはや頭の中に浮かぶ言葉では物足りなさすぎた。


P1160431.jpg


P1160436.jpg

P1160435.jpg


ここで、真っ黒に日焼けした怪しいおっさんに遭遇。

グアムに来て39年、という日本人のおっさんだった。

ノニの葉を煎じたお茶「ノニ茶」(そのまんま)を売っていて、だまされたつもりで購入した。

 20ドル!高っ!

と思ったが、おっさんは気を良くしたのか色々な話をしてくれながら、ココナッツジュースを飲ませてくれたのだった。

話をしながら、いきなり斧を片手にしたものだから、一瞬ビックリしたものの、ココナッツの実の上部を斧で割って、ストローを突き刺し

「ほら、飲んでごらん」。

P1160458.jpg


手に取って、すげー甘いんだろうなぁ、とおっかなびっくり口にすると、予想に反してとてもあっさりしていた。

さらに、飲み終わった実を渡すと、半分に割り、今度は中の果肉をそぎ落として集め、小皿になんと、わさび醤油を作って

「これに付けて食べてみな」

と言う。

先程のココナッツジュースに更に輪をかけて、恐る々るわさび醤油に浸して、

「エィ!」っと口に入れると…、

これがなんと、イカの刺身そっくりだった!

うまい! うますぎる!! 十万石まんじゅう!!!

思わずアボカドを初めて食べた時のことを思い出した。

将来、魚が採れなくなったら、アボカドとヤシの実で、「中トロとイカの刺身の盛合わせ」

ってなるかも、と本気で思ったりもした。

それにしてもよく喋るおっさんだった。

P1160457.jpg


「日本と違って、こっちで暮らしていると、ほとんどストレスなんか無いよ。オレが唯一、ストレスを感じる時は、たまにスーパーで 緑のたぬき と 赤いきつね のどちらを買おうか、悩んでる時かな、ワッハハハ…」

みたいな調子で炎天下の中、我々を楽しませてくれた。

木陰に黒い水牛がつながれていた。

P1160450.jpg


このおっさんの所有だという。

お茶を買ってくれた御礼に、と奥さんを牛の背中に乗せてくれた。

背中はものすごく温かかったそうだ。

おっさんにお礼を言って、再び車を走らせた。

旅の楽しさはこういう出会い(?)だよなぁ、みたいな話をしながら

来た道をホテルへ向けて走らせていった。

P1160478.jpg


途中、こじんまりしたハーバーで車を止めて、昼食。

P1160493.jpg


巨大なアイスコーヒーにフィッシュ&チップスを注文。

P1160500.jpg


しかし、不思議なことにチップスは付いていなかった。付合せにシーフードサラダが出てきた。

サラダは、マヨネーズ和えのキャベツが盛られているだけで、何がシーフードなのか、よく判らなかったが、サラダの上に載っている、ツナを乾燥させたような物がシーフードらしかった。

しかもこれが、この店のウリのようだ?

なんだかよく判らないお店だったが、フィッシュ(白身フライ)はとても美味かった。

再び車を走らせているうちに、いつの間にかウトウト…。

ちなみに運転は全て奥さん。

昨日行ったKマートに立ち寄って、お菓子や飲み物を買い、ホテルに戻った。

昨日は肉々しい夕食だったので、今日はイタリアンでも行こう、とホテルの前にあるカプリチョーザへ。

この店は日本にもあるチェーン店で(行ったのは今回が初めて)、注文すると、一人前の量が半端じゃないらしい。

席についてまずはビール。

P1160517.jpg


メニューをみながら、スモークサーモンのサラダと魚介のトマトソースのパスタを頼んだ。

先に到着したサラダの量は、昔、食べ放題に行った時、店員さんに

「まだ食べるんですか?」

と言われたオイラも認める満足なものだった。

アメリカ的(?)な、濃い味のドレッシングがかかり、ケッパーが散らしてあった。

P1160518.jpg


サーモンもちょっと厚めで、このサラダはなかなか美味しかった。

半分くらい食べたところで、スパゲッティの登場。

P1160519.jpg


見るからに多い…。

奥さんの目も点だ。

トマトソース仕立てのスパゲッティの上には、ムール貝、イカ、エビが載っている、それにツナが絡ませてあった。

味は思ってたほど、ジャンキーではなく普通に食べられる味付けだった。

それにしても量が多い。

ようやく半分ほど減ってからは、塩やチーズで少し味を変えながら、完食となったのでありました。

お腹一杯になって、ホテルに戻るとそのままプールへ直行。

少しでもカロリー消費を、とウォータースライダーやウォーターバスケに一生懸命励閉園時間まで励んだ。

今夜は、バスタブにお湯を張り、ゆっくり浸かってからベットへ。

さすがにすぐに眠りに落ちた模様。

でも夜中に、しっかりとあの収集車の爆音で目を覚まされた、ものの再びすぐ寝入ってしまった模様。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/113-6fb4269c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。