日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やさしいソナタ

ピアノを弾いていて不思議なのは、こんなに難しい曲は弾けないよ、と思っても

地道に練習を重ねていると、いつの間にかなんとか弾けてしまうところである。

ところが逆に、譜面では簡単に弾けそうだと思っていても、練習しているうちに、

難しくなって、弾けなくなってしまう曲がある。

その代表的な作曲家がモーツァルトだ。

10代の終わり頃に習ったことのあるk310のソナタを、浚ってみたところ、

どういう風に弾いたら良いのか分からなくなって、前に進まなくなってしまった。

当時は、快調に飛ばしながらいつもテンポが速くなる事を注意されていた。

ところが今は、メカニックは練習すれば何とかなりそうだが、曲想や、組み立てたりという事になると、

考えれば考えるほど、大袈裟でワザとらしくなって、仰々しい演奏になってしまうのである。

モーツァルトが天才と言われる所以はこのあたりにありそうである。

彼が天才なのかどうかは分からないが、残された文書などによると、

下ネタ好きのかなり変わった人だったようだ。

硬質だが弾力のある、真珠が転がって行くような彼のピアノ曲を聴いていると、

抑制や我慢とは無縁の、無邪気で怖いもの知らずな、純粋な子供の感性がとても似合いそうだ。

下手に経験を積んでしまった大人は、肉体が頭で抑えられてしまい、自由に手足を動かすことが出来ない。

それにモーツァルトの恐ろしさは、曲がシンプルなだけにペダルの多用や、オクターブの連続など、

一生懸命弾けばカッコがつくといったヴィルトオーゾ的な要素がほとんど無く、

ピアニストの技量が、いともあからさまに曝け出されてしまう。

16分音符の、あの流れるようなタッチを実現するには、余程の練習が必要なのである。


モーツァルトのピアノ曲は有名な曲も多いし、多くのピアニストがソナタ全集の録音を残しているので、

色々と聴き比べられる。

一流のピアニストでも、大人の呪縛から逃れられない演奏が多々ある。

そんな中、見事な構成力もさることながら、あまり素材に手を入れていない貴重な演奏は、

ヴァルター・クリーンという、オーストリアのピアニストで味わうことができる。

このレベルになると、好みの問題になってしまうがブレンデルや内田光子とは一線を画す、とても美しい演奏だと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=LwDI1YzPK7o
↑ ピアノソナタ8番より1楽章、ヴァルター・クリーン


最後にもう一つ、あまりにも極端な演奏として、カナダのピアニスト、グレングールド↓
http://www.youtube.com/watch?v=Byd9V5j8cTM&NR=1

さてどちらがお好みでしょう?

スポンサーサイト


コメント

ヴァルター・クリーン氏に一票!v-154
[2009/12/19 14:53] URL | ヨメ #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/112-a03ab4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。