日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GUAM  出 発

早朝、5時過ぎ起床。
コーヒーで目を覚まし、荷物の最終点検をして家を出る。
すでに少し肌寒い、Tシャツの上に長袖をはおってきて正解だった。
6時の電車に乗って、新宿へ向かった。

新宿はすでに沢山の人で、山手線のホームは、軽いラッシュの様を呈していた。
客層は、サラリーマンというより、目の虚ろな朝帰りの若者が多い。
ステンレス全盛の電車の中、向うのホームにクリームと朱のカラーの懐かしい列車が停まっていた。
池袋では、多くの客が降り、同じくらい乗ってきた。スーツケースを持った人もけっこういる。

日暮里で乗換え。
京成線のホームは新しくなっていて、成田空港へ行くと思しき乗客が多数並んでいた。
やがて到着した列車に乗ると、デカイ荷物を横に置いた外国人のカップルが二組座っている。
外人は、自分の体が入るんじゃないか、と思うくらいみんな大きなバッグをいつも持っている。

右側のベルギー人らしき男性は、左手にサワーのペットボトルを持っている。サワーといっても焼酎で割る前の炭酸レモンのボトルだ。
昔、一度だけ飲んだことがあるが、美味いといえる代物でなく、非常に渋い大人の味がしたのを覚えている。
席を確保出来たし、空港まで1時間以上かかるのを利用して一眠りしたいところだが、いつもの様に全く眠れない。家から持参した文庫に目を通すも、中々集中出来ない。
隣では奥さんがこれでもか、という位眠っている。あぁうらやましい。

印旛沼が見える頃には、風景もすっかり田舎のそれになり、成田を過ぎるとトンネルへ入り、
8時に第2空港ビルに到着した。

P1160329_convert_20091106223405.jpg


空港というところは、これから旅立ちだ、という感覚でいつもワクワクする。
カウンターでの手続きも済まし、出国ゲートを越えると、空港内であっても、法律上はもう日本でもなく外国でもない、中立地帯。
よってお土産屋の商品は全て免税店だ。
ニッカウイスキーの「よろい武者」の格好をしたビンを見つけ、誰が買うんだろう?、みたいな感じで冷やかしながら、小腹の足しにオニギリを一つつまんで、搭乗ゲートに並んだ。

グアム行きとあって、日本人客が多いのか、ゲートの窓越しには、いまや旅客機としては少数派となってしまったB747‐400ジャンボが、アイドリング状態で出発を控えていた。

CIMG2983.jpg


2階建の機体に、片方つばさに2発、合計4発のエンジンをぶら提げたジャンボの迫力は相当なもの。
そのジャンボの後方を、最新鋭のハイテク機、トリプル7がゆっくりと、滑走路へ向けて移動してゆく。
エンジンの性能が向上した結果、いまや、双発エンジンでジャンボと同等、むしろそれ以上の出力を誇るB777が経済性とも相まって、国際線、国内線の主力である。

グアムは日本からも近く、海外初心者にも人気の観光地なので、子連れファミリーが大勢いた。
遅れ気味の乗客の到着を待って、約15分遅れで離陸した。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://junkersdorf.blog82.fc2.com/tb.php/110-9189adc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。