日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お店三景

昔からあるお肉屋さん。

天井から下がっている大きな扇風機がやけにゆっくりと回転し、3人がかりで、大きな肉の塊と格闘していた。

いつも「ブタ中200、下さい」とお使いにやらされていた。

豚肉の中、200gだと分かったのはだいぶ経ってからだった。

P1180245.jpg



中学生になった頃、そのお肉屋さんが隣に飲み屋を開店させた。

「いっぱいやっぺ」

このネーミングはあまりに衝撃的だった。

すぐに、ここの焼き鳥は絶品だ、という噂がたった。

P1180247.jpg




ここは元呉服屋さん。

ちょっと背の低い主人は、近くの月極め駐車場に車を止め、セカンドバッグ片手にお店までの数10メートルを軽く足を引きずりながら歩いていた。

いつも3歩後ろには、和服姿の女性が遠慮がちに続いていた。

大人の世界はよく分からなかったが、なんか人には言えないことをしているんだ、と勝手に思っていた。

やがてお店はダーツバーに変身したが、一瞬でなくなり、手打ちのうどん屋になった。

武蔵野うどんを再現し、茹で時間は15分くらいかかる。お店で食べるときはそうでもないが、一度生麺を持ち帰って家で茹でたら、結構な塩分を感じた。

P1180249.jpg


日本の故郷は、大人になってしばらくぶりに帰ると、だいぶ変わっている。

つい、時代の流れだからしょうがない、と思ってしまうがとても不幸なことだ。

便利になればなる程、街は死んでゆく。



スポンサーサイト

オミキ

J氏が厄除けに行きたいと言うので大国魂神社へ行ってきた。

武蔵の国の国府、府中にある大国魂神社。

P1180232.jpg

この辺りではおおきな神社で、五月のお祭りではヘビ女もやってくる。

今日は暖かい日和で神社も混んでいた。

P1180233.jpg

5000円払って1時からの禊を待つ。

待合室も満席だった。

本殿の畳の縁に沿って正座をし、神主の勅をありがたく頂戴する。

初めての体験だった。

30分ほどで終了、絵馬書いて結んできた。

P1180236.jpg

帰りがけに戴いた御供物の中にお神酒が入っていた。

P1180290.jpg

箱を開けると、ガラス瓶に昔ながらの栓が付いている。

P1180277.jpg

プラスチック製だと思っていたので、嬉しかった。

P1180280.jpg

府中、地元の酒屋さん。しかも合名会社。

P1180287.jpg

瓶の佇まいも気に入ったし、なんか呑むのが勿体なくなった。


ちょっと歩いて

阿佐ヶ谷で旧い友人と待合わせ。

路地裏のお店で、あまり美味くないつけ麺を食べ、店を出ると小雨だった。

線路の下を高円寺方面へ。

思っていたよりもずっと早く高円寺の赤提灯街に到着。

はせ

まだまだ昼間なのでシャッターは降りたまま。

美大生が好きそうなお店が目立つ。高円寺をそのまま通過、目指すは中野

はせ2

陸橋を渡る。

はせ1

中野のシンボル、サンプラザ。建て直しの噂は…。

はせ4

今回の収穫はこの「フクロウ」

はせ3

「やる気にさせます!」byフクロウ博士。むかし、CMでよく流れていた。こんなところにあったとは。

あとは、サンモールを歩いて、ブロードウェイへ。

サンモールの右側には飲食店が蜂の巣みたいに密集していた。

はせ5

ところでサンモール、昼間はお年寄りがとても多い。行った事は無いが巣鴨みたいだ。

実はスタバより好きなエクセルシオールでお茶。WMFの業務用マシンがちょっと気になった。



食べ放題

久しぶりに食べ放題に行った。

食べ放題屋でお皿を下げに来た人に「まだ食べるんですか!?」と余計な一言を言われたのも今は昔。

格段に食べられる量も減ってしまった、残念。

P1180154.jpg

写真用に、一緒に行ったT氏のキレイな盛り付けを拝借。

吉祥寺のホテルランチビュッフェで1800円ナリ。ちなみに女性は1600円。

さらにぐるなびの10%割引で、1620円だった。

ちょっと種類が少なかった感はあったけど、ホテルだけあって美味しかった。

牛のステーキも和牛じゃなかったけれど、焼きたてで美味かった

チキンステーキ、白身魚のグリル、サラダ、チラシ寿司、カニ汁、焼きウドン、パン、カレー、…。

みたいな感じ。

昔の質より量時代のバイキングとは隔世の感でした。

新宿地下街の某イタリアン、ランチバイキングよりこちらの方だ満足だった。

デザートも〆の珈琲もしっかり頂きやした、ごちそうさま。

漫画家某氏のハウスまで見られて、充実した一日でした。

P1180155.jpg


T夫妻ありがとうございました、また行きませう、今度は新宿にリベンジに




鍋のシメはチャ

鍋のシメにはうどん、ラーメン、ご飯を入れて玉子とじ…などなど、どれもうまそう!!

福岡にいる義姉から送ってきてくれた本場、博多のモツ鍋。

あんなモツは食べたことがない!ありえないくらい美味い!

モツとスープの絶品さは然ることながら、モツを食べ終わって、シメの麺にチャンポンが入っていた。

まぁ長崎も近いしウドンの代わりなのね、となんの心の準備もなく、食べたときのこれまた美味かったコト!

少なくとも、ウドン、ラーメン、の代わりなんかじゃないぜ、これはチャンポンじゃないとダメだぜ、

ってくらいハマッた。

南蛮渡来の玄関口、九州ではスーパーにチャンポン麺が普通に売ってるらしいが、こちら江戸地域にはなかなか見かけない。

あったとしても、スープも付いた生ラーメンの類で置いてあるくらい。

これを買えば良いが、スープも付いているので高いのが難点。

そこで、ホンキで次回九州にいったらお土産に買ってこよう、と思っていたら

ついに、行きつけのスーパーOKにて発見!!!


P1180128.jpg
ジャーン!


P1180129.jpg
ちゃんぽんは蒸麺なんで、かん水が出にくいのもうれしい。


P1180131.jpg
2玉で105円。


鶏肉と白菜を買って、今日は鍋に決定!

ヘヘッ!!


お気に入りの人形でニヤリ♪

自分はあまり衝動買いはしない方だと思っているが、何度もレコード屋に通っているのに
毎回、何も買わないで店を出てくると、なんか一つぐらいは買わないと、と損した気分になってくる。

そんな中、別にほしかった訳でもないのに、何度かジャケットを見ているうちに買ってしまったのがコレ。

P1180082.jpg


オイゲンヨッフム指揮、バイエルン放送交響楽団の弾くベートヴェン1番と8番のカップリング。

ステレオ盤1360円、とモノラル盤630円の2種類が置いてあり、状態はステレオの方がボロボロなのに、値段が倍高かった。
購入したのはモノラル盤の方。ステレオ盤の状態がこのモノラル並だったら、4000円位になるのかも。

ところでこの指揮者、なぜマイセンのような陶磁器の人形をもってニヤッとしてるのか、よく分かりませんが、
取りあえず本棚に飾りました。

このレコードを聴くのは、いつごろになるのだろう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。