日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酒一番 

夜の街、中洲 。

何年ぶりかに会う、大阪の旧友と久しぶりに一献、傾けた。

P1240354.jpg

中州の真ん中にある、いかにも老舗の風格の一杯呑み屋、 酒一番 。

P1240356.jpg
P1240357.jpg

献立表を見ると、酒、肴だけでなくご飯物も充実している。

これなら飲めない人でも気軽に入れて、気を使わないのが良い。

P1240362.jpg

店内は、ほぼ満席。

みなさん常連のような感じ。若い人のグループもちらほら。

チェーン店の飲み屋のように大声で騒いでる人もいないし、みんな気持ちよく飲んでいて良い雰囲気。


生中で乾杯のあとは、弐合徳利の燗酒で暖まる。

P1240359.jpg
刺身の盛合わせ

イカにかんぱち、赤黒いのはクジラのルイべ。

かんぱちの歯応えと脂の乗り具合の絶妙な事。かんぱちの印象がガラッと変わった。

P1240361.jpg
焼き鳥盛合わせ

砂ズリ、鳥焼、肝、バラ、皮の5種類しかなかったので、全種を2本ずつ頼む。

運ばれてきたのを見て「タレじゃなくて塩か」と思ったが、確かに塩味だったが、ここの焼き鳥は鉄板の上で焼いている、との事。
肉の間に挟んである玉ねぎの甘みが、肉の味を旨く演出してくれて、これはこれで美味い焼き鳥だった。

P1240360.jpg
モツ鍋

博多といえばモツ鍋。
ここのは大石のようには行かなかったけれど、あっさりとした味付けでスープが旨かった。

〆は、何かご飯小物をと思っていたが、せっかく博多に来たのだから「ラーメンを食べよう」という事になって、お気に入りの長浜御殿へ。

P1240368.jpg
ラーメン450円 と 酢モツ200円

やはりここのラーメンは、酒の後でも旨かった。

豚骨のあまり得意でない友人も、これは旨い!と脱帽。



P1240366.jpg

こうして、中州の夜は更けていった。


スポンサーサイト

ラーメン屋

またまた謎のお店を発見。

温泉とラーメンが楽しめるお店。

ではなさそうで、店内はいたって普通のお店っぽい。

ラーメンスープの水が温泉?、温泉を麺に練りこんでいるとか?

101021_1841~001


色々な仮説が絶えませんが、実際はどうなんでしょう?



ネルケン


P1180691.jpg


ネルケン …… カーネーションのドイツ語名複数形。

の名前を冠した喫茶店が高円寺にある。

中央線沿線に多い名曲喫茶の中でも、ある意味もっとも洗練された店かもしれない。

マダムはかなりの高齢だが、若い頃はとても綺麗な人だったろう。

P1180683.jpg


ビロードのイス、明智小五郎シリーズに出てきそうな彫刻、四方の壁に掲げられた絵画、

店内を雰囲気あるものにしている小道具は揃っているが、

決められた位置にきちんと配置されていることによって、長年続いている名曲喫茶にありがちな

物が増えすぎてごちゃごちゃと積み上げている感じや、埃っぽさがほとんどない。

女主人の拘りが強く感じられ、凛とした空気が漂っている。

P1180682.jpg


さらにここではリクエストは基本受付けていない。

こういった小さな積み重ね(?)が、他の名曲喫茶とは異なる感覚を抱かせるようだ。


夜の8時をとっくに回っていたがまだ営業中だった。

扉を押すと、一瞬にして別世界に。

お客さんは誰もいない。

テーブルの上に残された珈琲カップと灰皿から立ち上る一筋の煙が、
我々が最後のお客と入れ違いに入ってきたことを物語っていた。


いつからか、夜、珈琲を飲むと眠れなくなる、と思い始めてから、
この時間になって珈琲を頼むのが怖くなっている。

果たしてこの日も、注文したのはココアだった。

P1180695.jpg


美大出身の連れは、壁に飾られた絵画に一瞥をくれながら遠近法について語っている。


私は、お客の雰囲気にあわせて選曲してくれるというマダムの、バッハ・パルティータに耳を傾けていた。


P1180686.jpg





洋食

仄かなシャンデリアの下で頂く、洗練された西洋料理


P1180494.jpg


ここ数日、冷たい雨が降っている。

今夜は、ふっと時間が空いたのでオシャレな洋食を食しに行こうと思い立ち、

30年以上の時を刻み続けている伝統のレストランを選んだ。


P1180482.jpg
ビールケースが並ぶ洗練された入り口。

「予約をしなかったけれど大丈夫だろうか?」

そんな心配は無用だった。


P1180484.jpg
季節はずれの正月飾り。このセンスの良さは、出てくる料理をイヤがうえにも期待させる。


P1180486.jpg
壁面にさりげなく飾られたメニュー。飲み物類の改訂された手書きの値段表がアクセントを加えている。

明治時代には5円で家が建ったという。


P1180487.jpg
このレストランイチオシのメニュー。目玉焼きハンバーグにナポリタン、ライス、味噌汁。

洋食界の至宝コラボ。


P1180490.jpg
鼻腔を擽るデミグラスソースのかかったハンバーグに、形良く焼かれた目玉焼き。
付け合せはシンプルなバター風味のスパゲッティ。


P1180488.jpg
イタリア人も驚愕のスパゲッティナポリタン。
ハンバーグ付け合せのスパゲッティに加え、更にナポリタンが供される豪華さ。

ライスと併せて、炭水化物をこれでもかと堪能。


P1180492.jpg
レストランに魅せられたお客は、名コックの作る全てのメニューに対して尊敬の念を抱き、
このようにお皿の上には何も無くなってしまう。


食後の余韻を楽しみながら、レストランを後にする頃には次回のメニューを組み立て始めていた。



リクエスト



でんえん看板



珈琲を飲みにでんえんへ行きました。

一世紀近く前の蔵を改造して喫茶店になってます。

さらに改造してから、もう、半世紀以上経っています。

入り口のドアを開けようとすると、すーっと扉が開きます。

マダムが、ドアの前に座っていらっしゃって、開けてくれるのです。

先客がひとり、向かいのテーブルのランプの影で、本を読んでいました。


でんえん壁



この喫茶店に来ると、棚に並んでいる、古い音楽関係の本をめくるのも楽しみの一つです。

珈琲豆の敷詰められたガラスのテーブルに座っていると、やがて純白なカップに注がれた珈琲が運ばれてきました。

ブラックで一口楽しんだ後、昔懐かしい、四角い砂糖をスプーンに乗せて、少しずつ溶かしていきます。

珈琲用の濃い目のミルクを入れてから、徐にリクエストする曲を探しはじめました。

オーケストラにしようと思っていたけれど、結局ドビュッシーの前奏曲を選びました。

リクエストしたのはジャック・フェブリエというピアニストのレコード。

針音の混ざった古風な音を聴いていると、なんかとってもドビュッシーに近づいていく様な気がするから不思議です。

店内の薄暗さも、それに一役買っているのでしょう。


でんえん壁ランプ



やがて、アベックが、遠慮がちに一番奥の席に座りました。

もうそろそろリクエストした曲も終わりそうです。

前奏曲の終曲、「ミンストレル」のリズムに合わせるように、お祭りのお囃子が重なって聴こえてきました。

お店を出ると、急に現実に戻ってきたような気がしました。


でんえん全景






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。