日常 非日常
日々の暮らしの中で  旅へ出て

最近の記事



プロフィール

lugano

Author:lugano
雪は降る、あなたは来なぃ






↑よろしければ、ポチッとクリックをお願いします。


↑かわいいワンコへ感謝をこめて


↑カレーが食べたい…



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

↑かわいいワンコへ感謝をこめて



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sushi

ミュンヘンのデパ地下に、きれいに並べられている食品。


P1210896.jpg


何だか判りますか?



P1210897.jpg

そう、これお寿司なんです。

ドイツでも Sushi はだいぶ浸透してきているようで、テンゲルマン(Tengelmann)などの普通のスーパーでも並べられているようです。

日本人としては喜ばしい事ですが、残念ながら、まだ、買って食べる勇気がありません…。

だれか、食べた人は?





スポンサーサイト

夜の道

ある晩、外の様子がちょっと違うと思って窓を開けてみたら、このとおり。

P1220626.jpg

霧が立ち込めていました。

P1220625.jpg

ミュンヘンではこの季節、こういった事は珍しくないみたいで、ドイツ人曰く、

「うん、結構普通にあるよ」

だって。

日本では、山あいの村に行かないと、ここまでの深い霧にはなかなか遭遇しないかも。

いずれにしても、車の運転には要注意ですね。


りんごワインとエスプレッソ

ちょいとフランクフルトに寄り道しました。

P1230222.jpg
フランクフルト中央駅
ドイツの玄関口だけあって、重厚で大きな駅舎。

P1230239.jpg
アップルワイン 甘め (Apfelwein Suess)

フランクフルトはアップルワイインが有名らしいですが、メニューに"甘め"とあったので頼んでみました。


P1230241.jpg
フランクフルトの名物

すると、確かに甘く、りんごワイン…。
というかこの甘さ、そして炭酸、これ、白ワインのファンタオレンジ割りじゃない?
りんごの香りもあるけれど、色もファンタだし…。

"甘め"じゃなくて、普通のを頼めばよかった、とちょっと後悔して、

P1230248.jpg
エスプレッソ

口直しにエスプレッソを頼みました。

P1230250.jpg
クレマ

濃厚なエスプレッソで、砂糖をタップリ入れて味わいました。
こちらは当たりでした。

この後、駅に戻りハイデルベルク行きのIC(インターシティ)を待っていましたが、案内板に 20分遅れ と出ていました。
時間つぶしに、駅の本屋で立ち読みをして、15分くらいでホームへ戻ったら、20分遅れの筈のICがゆっくりとホームを離れていくところでした…。

あ~、行っちゃった!



オリンピック公園

1972年、ミュンヘン夏季オリンピックが開催。

現在、ここはオリンピック公園として整備されており、雪の残る時期に散歩してみました。


P1220097.jpg
地下鉄U3線のOlympiazentrum(オリンピアツェントルム)駅から地上に出ると、マンション群がお出迎え。
これは、元選手村をそのままマンションにしているそう。


P1220099.jpg
暖かい時期にはもっと沢山の人が…。。


P1220101.jpg
シューベルトの冬の旅 を地で行くような世界。


P1220103.jpg
高さ290Mのオリンピックタワー。


P1220104.jpg
4気筒エンジンが象徴の BMW の本社。


広大なオリンピック公園は、緑に囲まれとても気持ちのいいところだが、平和の祭典であるオリンピックの開催中「黒い九月」と呼ばれるパレスチナグループによって、イスラエル選手が11人も殺害される、という痛ましい事件が起きた事でも有名。
一時、大会は中断されたが、結局最後まで行われた。


P1220109.jpg
オリンピック公園の南駅。トラムの終点になっているが、もう使われていなさそうだった。

この日はこのまま歩き続け、Muenchnerfreiheit(ミュンヒナーフライハイト)へ出てランチをした。

ランチはコチラ






小腹が空いたら

「レストランで食べるドイツ料理は重すぎるなぁ、でも折角ドイツに来たんだから、何かドイツの物を…」

という時にオススメなのが、Reibekuchen(ライベクーヘン)。

P1230229.jpg
フランクフルトの屋台で見つけたライベクーヘン。リンゴソース付き。

これは、ドイツ人の主食であるジャガイモ料理の一つ。

ジャガイモをおろし金で摩り下ろし、玉ねぎや小麦粉などを加えて、揚げたものです。

塩味を利かせているので、クーヘン(ケーキ)とは言っても甘くありません。

これをそのまま食べてもよいし、これまたリンゴをすり下ろした甘酸っぱいピューレ状のソースを付けて食べます。

お祭りなどの屋台でよく見かける、定番のおやつ(?)です。

リンゴソースは、好き嫌いが別れるところですが、ライベクーヘンはとてもオススメです。

自分の後ろに並んでいたドイツ人の女性は、リンゴソースの代わりに、なんとスモークサーモンを一緒に注文していて、なんか、とても旨そうでした。


P1230231.jpg
こちらはレンズマメの煮込み(Linsensuppe)。

このスープ、実はあまり期待していなかったのですが、見かけより何倍も美味しくて頼んで正解でした。

特に寒い時には体が温まります。

ガイドブックに載っていないB級グルメを探すのも旅の楽しみの一つです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。